薄毛対策に有効な方法とは何か

今の時代はかなり多くの薄毛対策の方法がありますが、中でも特におすすめなのがミノキシジルやフィナステリドといった育毛剤を使って薄毛対策をするのが良いです。

 

それはどうしてかというと、ミノキシジルやフィナステリドといった育毛剤は日本だけでなく世界的にも髪が生える効果があると言われているからです。

 

それは単にそういう評判があるというだけでなく、ミノキシジルやフィナステリドを使って薄毛対策をすれば髪が生える効果があるというのは医学的にも証明されています。

 

これらを使って薄毛対策をすれば薄毛になってきたという人に絶大な効果を発揮します。

 

ただ、これらを使って薄毛対策をする事になると薄毛に効果はありますが、両方とも医薬品なので多少の副作用があるのでその点は注意する必要があります。

 

 

薄毛でお悩みの方、毎日のシャンプーはどのようにおこなっているでしょうか。

 

実は間違ったシャンプーのしかたで薄毛をさらに悪化されている場合もあります。

 

正しいシャンプー法で薄毛の悪化を防ぎましょう。

 

シャンプーをする上でまず大切なことはシャンプーの原液を直接頭皮に当てないことです。

 

毛穴に原液が入り込んでしまうと毛穴をつまらせてしまい、発毛の働きをとめてしまうこともあり得るのです。

 

そしてもう一つ大切なこと、決して爪を使って洗わずに指の腹を使って優しくマッサージするように洗うことです。

 

頭皮を傷つけないことが薄毛を予防するうえでいちばん大切なこと。

 

まずはしっかりを手のひらでシャンプーを泡だて、そのあと指の腹を使って優しく頭皮をマッサージしましょう。

 

これだけを意識するだけで抜け毛がぐっと減ることと思います。

 

手作りアロエエキスによる育毛の実践談

 

私が本格的に育毛に取り組み始めたのは20代前半からでした。当時、市販されているサプリメントを試したり、育毛シャンプーを使ってみたりしたのですが、最終的に辿り着いたのは自然のアロエを利用した育毛エキスでした。

 

アロエセンターというところでキダチアロエの乾燥葉を買い、それをお酒に一定期間漬け込んだものを手作り育毛剤として使用しています。抜け毛が大分減ったように感じています。

 

このアロエ育毛剤は一度作れば、ずっと日持ちするので重宝しています。今でも旅行する時などには必ず携帯するようにしています。

 

アロエに含まれるアロインが育毛に効くとされており、中にはアロエエキスを飲むという方もいるようですが、私は起床後とお風呂あがりにスプレーで頭皮に吹き付けてマッサージしながら揉み込むようにしています。

 

 

ぶた汁にはさつまいも

 

私はいつも疑問に思っていることがあります。
その疑問に思っていることというのは、豚汁のことなのです。

 

ぶた汁のことについて、どうして疑問に思っているかと言うと、主人と一緒に話しているときに、主人はぶた汁には、田芋を入れるべきだというのです。
しかし、私としては、ぶた汁に入れるのは、さつまいもだと思っているので、そこでいつも話が長引いてしまうのです。主人が田芋を好きなことは知っているのですが、ぶた汁にはやっぱり、少し甘い感じがあるさつまいもを入れることによって、より美味しく食べることが出来ると思っています。

 

またさつまいもを入れることによって、その彩もよくすることができるのです。ぶた汁といっても、彩が綺麗だと食欲もましてくるので、その点でも入れることにしています。

 

 

 

更新履歴