楽しく育児を満喫とする

子供を教育する上で、感情的にならず冷静に教えるということは大変であります。

 

言葉や知恵を覚えたての幼児は、へりくつなどもいいますのでより大変であります。

 

しかしそれが自己の成長でもあり、冷静に冷静にを心の中で唱え感情的にならないよう冷静に教育としましょう。

 

おこるということはしんどいものであり、それは教育ではありません。

 

しかるということが教育であります。

 

なかなか口で言うほどにうまくいくものではありませんが、柔軟なこころもちでがんばりましょう。

 

できたらよし、できなくてもよしそれが大切であり、重要です。

 

自己を追い詰めるやり方は自己も子供にとっても悪影響・悪条件ばかりであります。

 

楽しく育児、笑顔で育児ともに笑顔あふれる育児を満喫としましょう。